タグ:温泉 ( 6 ) タグの人気記事

土湯こけし

約1ヶ月前、休暇を利用して岩手をぐるっと旅行してきました。
その旅の後半、土湯へ立ち寄った時に購入したこけし。

初めて現地で求めたこけしです001.gif


b0013412_1212895.jpg


西山憲一作。高さは30センチくらい。
阿部国敏さんのお土産屋さんで購入。
緑と赤のロクロ線が鮮やかー。なかなかモダンで、部屋に飾ると見栄えがします。

ちょっと(かなり?)おまけしていただいた…012.gifありがとうございます。

b0013412_1274243.jpg

これはちょっと面白いです。
渡邉忠雄さんの。
ご本人のお店で購入しました。
花笠?帽子?とケープにも見えるいでたち。下の線もランダムで面白い!

これとペアなのかな?
紫色の南蛮人のようなこけしもあって、そっちも非常に気になったのだが、今回は赤い子で。今度は南蛮人も揃えたいですね。


土湯温泉街はちっちゃなこけしギャラリーなんかもあり、若いこけしファンも来たりするのかな?という感じがしました。
東京からも比較的近いし。
すごくこじんまりした温泉街。地震のあとは旅館の休業も多いらしい。
せっかくいい工芸品があるし、都会の個人客が遊びに行けるような感じになるといいのに。

とりあえずかわいいこけしカフェがほしいなー016.gif
by suo-suo | 2013-07-19 14:04

2013GW温泉旅行 山形酒田 小林温泉

最後の一泊は酒田へ移動。
途中、酒田郊外の「なかむら」で板そば。噛みごたえのある田舎そばらしいおいしさ。

b0013412_911398.jpg

b0013412_913590.jpg

シンプルな品書き。

酒田から一山入った小林温泉へ。
初めて来る温泉で、ある意味今回の目玉でしたが、これが穴場の大当たり001.gif
簡素で静かな宿、山菜メインの食事で癒されました。


外観は小さな集落のまるで公民館のような建物。というか半分公民館みたいなものかも。
b0013412_12294728.jpg


建物は比較的綺麗。表に面した座敷には地元のお年寄りが風呂上がりの井戸端会議。


浴室からは満開の桜!

b0013412_1230331.jpg


お湯はヌルヌル玉子臭の冷泉と熱い水道水を混ぜる。源泉100%で入りたいなと思うが、簡素な公共施設、まあ仕方ない。

長閑な風景。桜が満開です。
b0013412_12304991.jpg


食事は夜、朝とも山菜づくし。宿のおばさんはしきりになんにもなくてと恐縮するが…こういうのが私は理想。採れたて、当然美味。知らない山菜も色々あった。
b0013412_12312936.jpg

b0013412_12315970.jpg


ここ、酒田の観光と組み合わせても良さそうだし、地味な温泉好きは要チェックですよ。ここも再訪したい宿になりそう004.gif
by suo-suo | 2013-05-05 12:28 |

2013GW温泉旅行 秋田大曲 湯の神温泉 神湯館

連休後半は湯治旅へ。秋田、山形三泊四日。

北上まで新幹線で移動し、知人の車に合流。

秋田方面は生憎の小雨模様。寒い。

小一時間走り、大曲の湯の神温泉・神湯館へ。

b0013412_1224031.jpg

二年前以来の再訪。

b0013412_12242326.jpg

渋いでしょう。004.gif

b0013412_1225622.jpg

かつて、つげ義春が取材旅行に来たそうですが、周りの景色があまりに地味だということで作品にはならなかったようです…うーん。009.gif
そんな地味な感じがまた落ち着くわけですが…。
立ち寄り湯は150円。大きくはない浴槽ですが、地元の方が続々とやってきます。

お湯はキシキシ。確か加熱していたかで、かなり熱め。そして…モーレツな眠気。なんだこれは?一昨年はそんなことなかったのですが、体調のせいか、はたまた一昨年は震災直後で湯が少し変わっていたか?

またいつか再訪して確かめなければなりませんな。
by suo-suo | 2013-05-03 12:21

GW温泉旅2010  その5  肘折朝市/常陸太田 慈久庵塩町館

最終日。今日は東京へ帰ります。

朝はちょっと早起きして肘折温泉の朝市をみていく。農家のおばさんたちが山菜などを売りにくる、ここの名物になっている。
b0013412_17154695.jpg
山菜をお土産に買って出発。高速は連休最後とは思えないほど空いていて、すいすい関東へ走って行く。

今日は東京へ着く前に、茨城の常陸太田の街へ寄る。
ここの山奥に慈久庵というとっても美味しい蕎麦屋があるのだが、その店が常陸太田の街に支店を出しうどんを食べさせているというので食べて行くことに。夕方の店開けまで時間があるので、街をぶらぶらと散歩する。

右側の建物がお目当ての「慈久庵 塩町館」。もとは古い洋館かな。かっこいい。左側はレストランだった。
b0013412_17162243.jpg
b0013412_172538100.jpg
ぶっかけうどん。もっちりで美味しい!! 最後のシメにビールをいただく。
b0013412_17255614.jpg

b0013412_17171673.jpg

古い町並みがよく残っていて、なかなか素敵な街だ。最後にちょっとした小旅行がおまけについた感じで、すごく得した気分になって帰京しました。

ふー、それにしてもよく風呂に入った旅でした。

帰ってからもしばらく服についた硫黄と鉄のにおいが抜けまなかった。洗濯してもなお臭う、いいにおい。
この臭いをかぐと浸かった温泉を思い出してあ〜良かったな〜、と思うのだ。
by suo-suo | 2010-05-23 17:32 |

GW温泉旅2010  その3  秋の宮温泉郷  太郎兵衛

3日目。さらに南下して秋田の秋の宮温泉郷へ向かう。
温泉郷というだけあり、何軒かの旅館が路沿いに建っていて古くから栄えた感じがする。

今日の宿へ向かう前に、この辺で一番大きそうな「稲住温泉旅館」のお風呂に入って行く。
なかなか高級旅館そうで、建物も立派。

なんと、お風呂場の洗い場が畳だった!
b0013412_16144224.jpg

こんなの初めて見た。でも柔らかくて寝転ぶにも良さそう。お湯はクセがなく気持ちいいが、ちょっと熱め。

ひと風呂浴びて、すぐ近くにある本日の宿、「太郎兵衛」へ。

b0013412_16201637.jpg

温泉旅館だが、平屋建てで何となく民宿のような、素朴な感じが却っていい。主のおじさんはアトムのお茶の水博士のような風貌だが、なんと58代目だそうだ。58代って何年前?そんな昔から温泉宿があったのか。。

b0013412_16243886.jpg

緑色のペンキ塗りがいい味を出している風呂。男湯とのしきりのガラスブロックがなんかレトロでかわいい。お湯はちょうどいい湯加減で柔らかい感じで、これはいい。何度でも入れそう。酒飲み向けのお湯ですね。
周りは本当に何もないけど、田舎の親戚の家みたいで、不思議にくつろげる場所でした。ここはいいなあ。ごろごろしているのに最適。
酒量も戻ってきて赤ワインを数本あけてご機嫌で就寝。明日は山形へ向かいます。
by suo-suo | 2010-05-23 16:31 |

GW温泉旅2010  その1 古遠部温泉

GWはここ数年、温泉旅へ行っている。今年も山小屋マスターのSさんのお世話になり4泊5日の東北湯巡りへ。

1泊目は毎度おなじみ青森の古遠部温泉。
東京から盛岡まで新幹線で向かい、そこから車で拾ってもらって即、温泉へ直行。
観光は殆どしない。とにかく風呂風呂風呂〜。それで十分なほど気持ちいいのだ。

b0013412_23574479.jpg
療養の宿、古遠部温泉。

More
by suo-suo | 2010-05-01 23:54 |