カテゴリ:旅( 137 )

ヴロツワフ。小人の街。

ヴロツワフ。ポーランド南部の街。

市庁舎広場。
クリスマスマーケットをやっているようだが、朝一のためまだ店はやっていない。
b0013412_073173.jpg


b0013412_0103030.jpg


Solony広場。塩の取引をしていた広場。

b0013412_0121232.jpg

b0013412_0123148.jpg


ヴロツワフは「小人の街」。
いろんなところに小人が。探して歩く。

お菓子屋さんの小人
b0013412_0142755.jpg

b0013412_0142457.jpg


suicaペンギンがいますが…
b0013412_015159.jpg

b0013412_0152355.jpg


銀行の小人。お金おろしてる
b0013412_0162966.jpg


見ざる、言わざる、聞かざる的な。
b0013412_019937.jpg


熊の舌、長すぎ。
b0013412_0204161.jpg



気温は5~6度。暖かいです。
by suo-suo | 2014-12-04 16:07 |

長~~い一日。ドバイを経て。

夜の成田を出て、
b0013412_18562671.jpg


12時間かかりドバイへ
b0013412_1857204.jpg

b0013412_18585489.jpg

b0013412_1901629.jpg

ドバイの空港には金の自販機があるという話を聞いたが、見つけられず(笑)

飛行機乗り継いで、ワルシャワに到着~
b0013412_193938.jpg
イミグレが小さいー。

ポーランド旅行にやってきましたよ。


b0013412_1963492.jpg
通貨はポーランドズロチ。1zh約42円。ガイドブックには約20円とあって、円安を痛感…007.gif。倍だもんなー。

ここまでで出発から約20時間…!
しかしまだ移動は続く。
バスに乗り7時間かけて移動なのだ。
もういまがいつ何時なのかよく分からなくなってくる。

ポーランドの語源は原っぱなんだそうだ。確かにずーっと平原が続く。今が一番日が短いらしいので、午後3時くらいでもう薄暗い。
b0013412_19132033.jpg


バスで7時間かけて、ヴロツワフという街に到着!

b0013412_19153294.jpg


いやー、長かった。成田から28時間!

初めての旧東欧国。楽しみです。


この人は留守番。ごめんね。
b0013412_19203238.jpg

by suo-suo | 2014-12-04 10:55 |

那須で

先の連休、友人達と那須へ。

紅葉はおわり、初冬の林の中をドライブ。

お昼は和牛を食べ、「ラトリエ・ムッシュー」でお茶。林の中に現れるモダンな建物。
b0013412_1340113.jpg


b0013412_13535020.jpg
中は真ん中に大きなオープンキッチン。それをぐるりとテーブルが取り囲みます。

afternoon teaを頂きました。コンフィチュールも手づくり。洗練されていて非常に美味~。

b0013412_13555368.jpg


b0013412_14195773.jpg


ボリュームタップリで、昼にガッツリ食べてしまったため、スコーンを一つ残してしまったのが悔やまれます。

マダムも気さくで、素敵なレストランです。今度はランチを食べたいな。
by suo-suo | 2014-11-28 13:39 |

柳川旅情~(古)

そういえばヤフオクドームの近くにこんなものが
b0013412_1836357.jpg

ヤクルト事業創業の地だって。そうなんだー
b0013412_18365730.jpg


昨日のライブの余韻引きずりつつも6時に早起き。MC面白いかったなあ。


今日は風もなく暖かく素晴らしい天気。
博多から足を延ばして柳川に。
b0013412_18382051.jpg

水郷の地柳川。川下りに乗ってみた。
b0013412_18392351.jpg


船頭さんの説明聞きながら70分。城下町を巡ります。
b0013412_18395195.jpg
b0013412_1841922.jpg

江戸時代の掘割りがほぼそのまま、素敵な街だー。映画やCMにもよく使われるらしい。納得です。花嫁さんも船で嫁入りするそうです。よかねー。

b0013412_18434646.jpg


食べたもの。

柳川と言えば鰻。川沿いの鰻屋から焼きあがるあの香りを嗅がされたら食べざるを得ない…
b0013412_1844262.jpg


博多に戻って、大丸の中村高玉
b0013412_18464980.jpg
b0013412_1847712.jpg
b0013412_18463755.jpg


ゲソの握りは最高です003.gifご馳走さまでした。

贅沢し過ぎばい!てへ。
by suo-suo | 2014-11-22 18:34 |

Mr.S 福岡!

福岡にいます。

昨夜。

ヤフオクドーム!058.gif
b0013412_9225372.jpg


SMAPイン ふくおかー003.gif060.gif

今年は既に東京ドームで3日間、参戦してここ福岡で自分的千秋楽~。同じライブを4回も見るとは。しかしチケットが当たれば行かないという選択肢はないのだ。そんくらい何回みてもすてき楽しい。

b0013412_9301830.jpg

アリーナでキラキラテープもget。
本当に久方ぶりの、アリーナ席。間近でおっさんスーパーあいどーを堪能。ホント皆さまお美しい。ホクホク笑顔でございます。


食べたもの。
因幡うどん
b0013412_9344681.jpg

ごぼ天うどん!
b0013412_9355274.jpg


博多風、柔らかく、コシのないうどん。これおいしい。すきだなー。上品なお汁。一緒にたべたかしわおにぎりも絶品であります。

今日は博多からちょっと足を延ばして遊んで帰ります。
by suo-suo | 2014-11-22 09:21 |

秋の奥只見

連休、奥只見の小白沢ヒュッテに行ってきた。
b0013412_14431921.jpg

今年はマスターが病気となり、常連客で小屋の開け閉めだけを行った一年。
今回は雪囲いをして小屋締めをしなければならない。

b0013412_14472630.jpg

b0013412_14465128.jpg
紅葉は始まりかけ。台風19号が近づいていたが、すばらしい晴天!閉めるのは勿体ないくらいだが、今年は仕方ない。
b0013412_1448069.jpg

b0013412_14484448.jpg


素晴らしく美味しい大根。お隣さんで購入。100円。
b0013412_1448404.jpg


梯子に乗って取った山葡萄。
b0013412_14504564.jpg


来年からは少しスタイルが変わるかも知れないが、また無事営業再開できることを祈って。これかも素敵な場所であるよう、皆で手伝わないと!

------
2日間留守番のスオー、お土産の大根にかぶりつき。新鮮な葉っぱは旨い~
b0013412_14552914.jpg

by suo-suo | 2014-10-15 14:42 |

2013GW温泉旅行 山形酒田 小林温泉

最後の一泊は酒田へ移動。
途中、酒田郊外の「なかむら」で板そば。噛みごたえのある田舎そばらしいおいしさ。

b0013412_911398.jpg

b0013412_913590.jpg

シンプルな品書き。

酒田から一山入った小林温泉へ。
初めて来る温泉で、ある意味今回の目玉でしたが、これが穴場の大当たり001.gif
簡素で静かな宿、山菜メインの食事で癒されました。


外観は小さな集落のまるで公民館のような建物。というか半分公民館みたいなものかも。
b0013412_12294728.jpg


建物は比較的綺麗。表に面した座敷には地元のお年寄りが風呂上がりの井戸端会議。


浴室からは満開の桜!

b0013412_1230331.jpg


お湯はヌルヌル玉子臭の冷泉と熱い水道水を混ぜる。源泉100%で入りたいなと思うが、簡素な公共施設、まあ仕方ない。

長閑な風景。桜が満開です。
b0013412_12304991.jpg


食事は夜、朝とも山菜づくし。宿のおばさんはしきりになんにもなくてと恐縮するが…こういうのが私は理想。採れたて、当然美味。知らない山菜も色々あった。
b0013412_12312936.jpg

b0013412_12315970.jpg


ここ、酒田の観光と組み合わせても良さそうだし、地味な温泉好きは要チェックですよ。ここも再訪したい宿になりそう004.gif
by suo-suo | 2013-05-05 12:28 |

愛媛 内子の町

--ちょっと修正--
ご指摘いただき木蝋の価格が違ってましたー。すみません。修正します。
「現代の2万」でした。
---------------

旅の最後は愛媛の内子へ行く。「木蝋」生産ですごく栄えた町なんだって。町ぐるみで当時の街並み保存をしてるということでも有名らしい。

普通の民家もそれ風に修繕をしてます(なんと修繕費の8割が補助されるとか・・)
b0013412_13271033.jpg


「木蝋」とは、ハゼの実からつくったいわゆるワックスで、内子は江戸時代から木蝋生産が盛んだったそうだ。
薬や化粧品、文房具とかいろんな化学製品の原料になると。
で、明治期には海外にもドンドコ輸出し、品質の良さから高値で取引され、町は超バブルに。
1キロあたり今の2万円。
上芳我家という町一番の木蝋屋さんは年商90億!すげー。
しかしその後、石油などが出てきて、大正から昭和に入るころにはだんだん衰退していったということです。

b0013412_13422282.jpg


なので、お金持ちの町は芝居小屋も作れてしまう。
大正期に建てられた芝居小屋の「内子座」。閉館時間ギリギリで見学できた。よかった。
b0013412_13273929.jpg


舞台の上から。花道にはちゃんとすっぽんもあるし、回り舞台もある本格的な小屋。
b0013412_132818100.jpg


保存状態はすごくよさそう。今でも芝居や文楽がかかるとのこと。
b0013412_13285579.jpg


説明を見てたら、勘三郎の襲名興行もやったみたい。こういうところは好きそうだから
さぞや盛り上がっただろう。
こういう昔ながらの小屋で一度芝居を見てみたいものである。
一流の芝居はもちろんだが、村芝居のような昔ながらの素朴な歌舞伎を見てみたいと思った。


初めての四国は天気にも超恵まれ、短かったけど大充実でありました。
毎年のことながらプランニング&運転してくださった知人に大感謝です。
いい連休だったなー。(遠い目)
by suo-suo | 2012-05-12 13:56 |

瀬戸内海の空

なんと気持のいい。
b0013412_00755.jpg


朝の散歩を終えて、早くも島を後にする。
釣りもせずただぼんやりしに来た我々に、「ただ来て帰るの(笑)」と宿の人。
こんな空気があるんだから何もしなくていいんだよねー。

四国側に戻って伊吹島を眺める。
b0013412_015555.jpg


それにしてもこの空。まるで夏のようでした。
b0013412_025360.jpg



b0013412_025782.jpg

by suo-suo | 2012-05-11 00:11 |

瀬戸内小島・伊吹島

伊吹島で宿泊したのは、港の真ん前にある「春日旅館」。島にはこの旅館と、あと民宿が1件あるだけのようだ。

夕食は魚づくし。サヨリにアナゴ、サザエ、紋甲イカ(だとおもう)。甘くてムチムチのイカだったなー・・・
b0013412_035252.jpg


どうですこのキラキラ。これはそのまんま、「丸焼きで適当に食べて」という感じ。
b0013412_0353366.jpg

このほかにも、5人前くらいはありそうな刺身、鯛まるごと1匹の塩焼き・・。
新鮮でおいしいこと!お刺身はどーしても全部食べきれず、ギブアップ。あまりの満腹で動けないほどになり、
その晩は早々に寝てしまいました。

翌朝、島の散歩にでて写真をとりまくる。


坂の向こうに海。海の向こうの煙は愛媛?三島の製紙工場だと思う。
b0013412_0365987.jpg


民家の間、坂道を上がっていく。
b0013412_0372933.jpg


神社がありました。7時半をすぎたころに地元の人がやってきて社務所をあけていました。
b0013412_0384291.jpg


とにかく、古い道がおおい。
b0013412_0401559.jpg


お、猫!
b0013412_0513025.jpg


まだ若いね。こっち向いてよ。
b0013412_0523128.jpg


おーい。
b0013412_0531420.jpg


やっとこっち向いてくれた。
b0013412_0543380.jpg


ツレないけど、時々振り返る。なんか気になるのね(笑)
b0013412_055770.jpg


さらにどんどんさかを上がっていきます(つづく)
by suo-suo | 2012-05-08 00:56 |