ヤスナ・グーラの僧院

ポーランドはカソリックの国。道端にキリストの十字架が立っているのをよく見かける。花やお供え物がしてあり、日本のお地蔵さんのようである。信仰心が厚いのか、生活に馴染んでいるのか。

そんなポーランド随一の巡礼寺院がヤスナ・グーラの僧院。
b0013412_22163252.jpg


ここには黒い聖母という有名なイコンがあり、全土から多くの巡礼者が訪れる。
b0013412_22234253.jpg


外見は少し控え目でいうか、地味な感じがする建物だが、聖堂内は目がくらむような豪華さ。金で埋め尽くされている。

b0013412_22371236.jpg

b0013412_22381987.jpg
建物は元々ゴシック様式。しかし火事にあい、その後内部はバロック様式で華やかに。装飾性豊かで私バロック大好き、と案内の修道女さん。なるほどね。

聖母様の部屋は真剣に祈りを捧げている信者が何人もいて、こちらは息を潜めるようにして見学。写真を撮っても良いということだったが、申し訳ないような気持ちで、なかなか長居はできない。
b0013412_22411172.jpg


信者は一心不乱に何を祈っているのだろうか。
ガイドさんによれば、奇跡を信じて、ということなんだそうだ。


願いが叶った巡礼者による贈り物が壁中を埋めている。足が治ったり、目が治ったりしたんだろうな、という飾り物も。
b0013412_22434792.jpg


少し恐ろしいような、神秘的、独特の空気。

日本の寺社仏閣で言ったら何だろうな。
巡礼というとお遍路だけども、なんか違うな。密教ぽいような。高野山か?


ところで、
かのヨハネ・パウロ二世はポーランド出身。ポーランドでもとても人気があるようで、お土産屋さんには必ずヨハネ・パウロ二世グッズがある。あと銅像もたくさん。

b0013412_6533240.jpg


僧院を出たら満月が登った。
b0013412_16303989.jpg

by suo-suo | 2014-12-06 14:15 | | Comments(0)


<< クラコフのクリスマスマーケット ヴロツワフ。小人の街。 >>