大分ラブ~あのお湯をもう一度

最近は旅行の場合、大抵、温泉へ入ることを予定に組み込むため、旅行から帰るとしばらくは家のお風呂のショボさにがっかりすることが続く。

大分県といえば、まさに温泉天国!
今回は、臼杵の近くの六ヶ迫鉱泉というところに宿を取り、翌日、別府の公共浴場へ行きました。

六ヶ迫鉱泉は臼杵の町から山中へクルマで少し入ったところにあり、本格的な湯治場として常連客も多いそうだ。大阪から来たというご夫婦の話によると、鉱泉水をどんどん飲んで、いわゆる腸内洗浄状態になったそう。大腸の中身がスッカラカンになって、口から飲んで下からそのまま出てくる状態まで行ったそうである。おそるべし温泉。

b0013412_1753116.jpg写真は別府の公衆浴場「竹瓦温泉」。立派ー。どのくらい前の建物だろう。
ちょっとハイカラ風な感じもあって、大正時代っぽい雰囲気がすてきだった。別府のシンボル的お湯らしいですね。地元の方も入ってます。お湯はかなり熱いのですがやわらかくて浸かっていて飽きない。出たり入ったりを繰り返しても、不思議とのぼせないのだ。しかも、こんな素晴らしいお湯に入ってたった100円!なんて素敵なんだ。ああここに住みたい。

別府の街中にはこういう公共浴場がたくさんあって、今回はあともう1箇所しかいけなかった。
全部制覇したいと通いつめる温泉ファンが多いのも納得。(でもこういう入り方がダメなのかも・・・)どうかどうか、このままの形でずーっと残していただきたい。観光客も多くて地元の方にとってはウザいこともあるとは思うが、ちょこっとばかし、端のほうで入れていただければ結構ですんで(笑)。

b0013412_1804673.jpg最後にバスを待つ間、別府駅で焼酎試飲コーナーを発見。200円で1杯飲める。「常蔵」というやつを選んでクィー。いいですね。こういうの。
係りのお姉さんが「私、ココ(別府)離れようと思わないですもんね」と言っていた。納得。
by suo-suo | 2005-03-17 18:04 | | Comments(2)
Commented by kachimo at 2005-03-18 12:20
あ、竹瓦温泉だあ!私の実家が別府の街中で、竹瓦温泉まで歩いて6~7分です。別府にいたころは、まだ子供で別府の良さがまったくわかりませんでした。温泉なんて当たり前すぎたのですね。別府を離れてつくづく良い街だ!ってわかりました。
竹瓦温泉紹介ページです。
http://www.coara.or.jp/~sanken/takegawara/intro_takegawara.html
Commented by suo-suo at 2005-03-18 14:08
>kachimoさん
そうなんですか!竹瓦温泉のあたりは風情があっていいところですね。
URLありがとうございました。ボランティアで、色々活動しているのですね・・・。別府の町じたいもどことなく品があるというか、落ち着いた感じを受けました。
でも、確かに住んでいるといいところは見えにくいのかもしれませんねえ。


<< レインボー・伊右衛門 残念な結果 >>