そば・慈久庵でカンドー

b0013412_18495981.jpg12月だというのに、ばかに陽気がよいです。

茨城にあるそばの店「慈久庵」へ連れて行ってもらう。
以前は阿佐ヶ谷にあったとのこと。その時代から有名だったそうで、期待。

田舎農家風と洋館風を足したような建物。屋根から草を生やしていたりして、凝っている。
高台にあるので眺めもよい。
土曜の昼時にもかかわらず、客は3組のみ。

b0013412_18505216.jpgb0013412_18561138.jpg
b0013412_18511582.jpgb0013412_18515870.jpg
野草のてんぷら。右から「ぎしぎしの葉」「すかんぽの葉」「のびる」。
ぎしぎし? すかんぽ? 
野山に自生しているものらしい。「ぎしぎし」はちょっと苦い。「すかんぽ」はあとに酸味がある。

おそば。透き通っています。
口に入れて思ったことは、「やわらか」くて「ふわ」。
ソバの味の表現としてはちょっと変だが、とにかくそんな感じがする。
蕎麦の実のかけらが中に残っていて、そのせいか、香りはとてもいい。
硬くて太くて香りが高い、という方程式?とは逆でびっくり。
これまで食べたことのないソバ。

そばがきも超フワフワで、感動的なおいしさ!

おいしい蕎麦の味というと、すっきり、硬い、腰がつよい、とか、なんとなく直線的な表現がぴったりすると思っていたけど、こんなお蕎麦もあるのだなあ・・・。
天気のいい日に会社を休んで車を飛ばして来たい店です。(車ないけど。。。)

b0013412_18574443.jpg藁づとの水戸納豆を買って帰った。
クリスマス飾りと並べて吊るしてみました。ヘン?
by suo-suo | 2004-12-11 18:59 |


<< スオーのクリスマス衣装を作る! 猫あんか 三態 >>